医療福祉

突発性か否か

耳鳴りや難聴になってしまうことは誰しもあるもの。しかし、この時の判断で大事なのが、その種類を見分けることである。突発性の場合には早めの治療が必要となることもある。

加齢が原因

突発性の難聴ではない、という場合、最も多い耳鳴りは加齢が原因となっている場合が多い。その場合、補聴器などで補助することが可能となっているので、不便さを感じたら利用することが推奨されている。

隠れた病気

聴覚に関することなので、耳の外や中で起こっていることが難聴の原因と考えることが多いが、耳鳴りやめまいがある場合、メニエール病や、精神的な病といった、重篤な原因もあるので、注意して診断した方が良い。

危険な自己判断

目をつぶれば目の前には何も見えなくなるので、見たくないものがある場合は目をつぶることで回避できる。
聴覚や嗅覚はなかなか塞ぐことができないので、いつでも聞こえ、嗅ぐことができるというイメージがある。
しかし、人間の聴覚や嗅覚は絶妙なバランスで成り立っている。
このため、嗅覚や聴覚も、簡単なことで知覚出来なくすることが可能なのである。
嗅覚・視覚・聴覚・触覚は脳で感じていることで、手や鼻、耳などは情報を受け取るための器官でしかない。
このため、脳で何らかの障害が起こっていると、手や鼻に異常が無くとも、知覚することができなくなることはある。
耳鳴りや難聴が起こる場合も、そうした脳の障害が想定されることがある。
特に、ストレスが多い現代社会では、突発性の難聴にかかってしまう人も多い。

脳だけでなく、受け取る器官に異常がでると、難聴や視覚障害が起こることももちろんある。
耳が難聴を起こす場合、体の内部の耳の部分に異常が起こっていることが多い。
私たちが耳として認識しているのは、耳の外側の部分で、外耳とよばれる部分である。
耳鳴りや難聴が起こる場合、外耳から繋がっている中耳や内耳に異常が生じていることが多い。
体のバランスを保っているのは内耳で、この内耳には水が詰まっており、その傾きで体がどのように傾いているのか、どの速度で動いているのかを知ることができる。
このため、ここに異常が起こると、めまいや耳鳴りが起きる。
また、耳鳴りと難聴が起きるのは、内耳の中の耳石が動いてしまうということも原因の一つである。

オススメリンク

  • 愛眼

    難聴に悩む方に最適!補聴器の選び方を紹介しているサイトがあるので、購入を検討してみよう!ココを要クリック。
  • つらい耳鳴りの悩みを抱えている人はコチラのサイトがおすすめです!効率よく症状を改善していくことが出来ますよ。

ピックアップ